ジェネリックとは

ジェネリックとはんー・・・どういうものなのかとおもっているかもしれませんけど、簡単です。まあ、僕が思っていることだけですけれども、10年か20年前に開発した薬を今になって
お安く提供できるのがジェネリックらしい。同じ薬で同じ効果なら、高いよりかは安いほうが
断然おとくですよね。僕もてんかんというものを持っているのですが、今は4000円近く薬のお金があります。それがもっと安くなればなーと思っていたところなんですけどね
ただ、この前、その話を両親のほうにも伝え、僕も医者に相談しに行ったんですけれど、できれば今度っからジェネリックに変えたいと申し出たら、なんか手続きが面倒らしく受け付けてくれませんでした。やる気なしなんですねーと思いました。
僕以外にもかなり高額な薬代を払っている人が大勢いると思うし、それが大袈裟に言ってしまえば、今払っているお金より、半分も払わなくても済むなんてこともあるかもしれないですよ。同じ成分同じ効き目、同じ薬なら、今すぐ医師や薬局の人に聞いてみるといいですね
開発の終わった薬は何十年か経つとどれでも安くなるらしいです。
高額費用を払っているひとにとっては朗報ですよね長期に渡って、高額はだせないですもんね。こんな感じがジェネリックという会社なんじやないでしょうか。
僕は今の4000円から変わっていません。
ジェネリックという会社を調べてみてくださいね。
 | HOME |